海岸

海象観測の目的

絶えず自然の脅威にさらされている海岸線に沿った地域における被害を未然に防止し、国土の保全を図るため、海岸堤防など海岸保全施設の新設、改良が行われています。海岸の保全にあたっては、海の現象は複雑で未知の部分が多いことから、海岸構造物の設計や災害時の対応などの基礎資料として、国土交通省水管理・国土保全局では、各地の所管観測所で海象観測を行っています。

※日本の国土は、本州、北海道、四国及び九州の4大島とその周辺の多数の島々からなっているため、海岸線の形状が極めて複雑であり、海岸線の総延長は約34,800kmと国土の広さに比して著しく長いことが特徴です。
また、この海岸線に沿った地域では、人口の集中や資産の増大が進み、我が国の経済活動の中枢となっています。一方、我が国は、地震、台風、低気圧、冬期風浪などの厳しい自然条件にさらされており、東日本大震災、伊勢湾台風などによる大惨事を経験するなど、津波、高潮、波浪、海岸侵食により、幾度となく甚大な被害を受けてきました。

観測項目

(1) 風
波浪や高潮の発生を支配する重要な要素で、海岸構造物の設計や安全な工事などに必要な資料として、観測しています。一般的には、海面上10m付近の値を観測します。

(2)波浪
風によって発達した波やうねりなど、来襲する波浪の特性を知るために、波高、波向、周期を観測しています。海岸の状況として、最も基本的な観測項目です。

(3)潮位
天体による潮汐(天文潮)のほか、風の吹き寄せ、気圧の変動、長周期の波浪などによって変化している海水面の上下を観測し、海岸構造物の設計や工事の基準面の設定などに活用しています。

(4)気圧
大気の圧力です。台風などで気圧が低下すると海水が持ち上がって(この現象を「吸い上げ」と呼びます)、高潮の原因となるので観測しています。

本サイトで提供している海岸情報

本サイトで提供している海岸情報は、次のとおりです。

(1) 風
①平均(風向、風速) ②瞬間最大(風向、風速)

(2)波浪
①最大波、1/10有義波、1/3有義波、平均波の波高、周期、波頭(平均波のみ)  ②波数

(3)潮位

(4)気圧

項目 解説
波高 発生した波の山から谷までの高さの差(下図)のことです。
周期 ある時点の状態(波が上昇して平均水面を横切る:下図)から、一度循環して元の状態に戻るまでの期間を示すものです。
波頭 波の山の標高(通常、T.P. で表します)のことです。
最大波 ある地点で連続する100波以上(20分間以上)を観測し、波高の最も高い波の波高および周期を指します。
最大波の波高は、統計的にみると「1000に1」の割合で有義波波高の約2倍となると言われています。周期は、有義波とほぼ同じです。
1/10有義波 ある地点で連続する100波以上(20分間以上)を観測し、波高の高いほうから順に全体の1/10の個数の波を選び、これらの波高および周期を平均したものです。
この波高は、有義波波高の約1.3倍、周期は、有義波とほぼ同じです。
1/3有義波
(単に「有義波」と呼ぶことが多い)
ある地点で連続する100波以上(20分間以上)を観測し、波高の高いほうから順に全体の1/3の個数の波を選び、これらの波高および周期を平均したものです。
有義波の波高は、平均波波高の約1.6倍、周期は、平均波周期の約1.1倍になります。
人間が波を目視した実感にかなり近く、実用的であることから、天気予報における波の高さはこの「有義波波高」が使わるなど、一般によく用いられるものです。
平均波 ある地点で連続する100波以上(20分間以上)を観測し、全ての波の波高および周期を平均したものです。
波数 単位長さに含まれる波の数です。単位は毎メートル(/m)です。
波数は、2π/L(波長)で求められます。
潮位 波浪など短周期で起こる変動を平滑して除いた海面の高さを、基準面から測った値のことです。基準面としては、東京湾中等潮位(T.P.)を用いることが一般的です。
風向 風の吹いてくる方向です。16方位で表示しています。
平均風速 10分間平均風速を指します。
瞬間最大風速 瞬間風速(風速計の測定値を3秒間平均した値)の最大値を指します。
気圧 大気の圧力を指します。通常、ある地点の気圧は、その点を中心とする単位面積上でその上の空気柱の総重量に相当します。